異物や異臭がするときは水道の修理も

水道は、使いたいと思ったときに確実に使えてこそ意味があります。蛇口をひねってみたら、異物や異臭が生じており、正常に使えない場合には水道 修理を考えなければいけません。故障ではなく、配管自体に問題があり、症状が出てきている場合もあるので、まずは水道から水がどんな状態で出てきているのか確認する必要が出てきます。

■色や異物が混ざる場合

水は透明に見えるのが、目視として問題がないと認識できる状態です。何か白く見えたとき、コップに入れて観察してみると、時間とともに透明に変化すれば問題はありません。これは水道管の中に空気が入りこみ、水が白く濁って見えた状態だからです。
問題は濁りが取れない状態です。水の中に何らかの物質が溶け込んでいる状態で、飲むのに問題があることもあります。赤っぽく見えるときには、錆が混じっている可能性があり、水道管がかなり傷んでいる可能性を考えなければいけません。
異物として砂が混じる可能性もあります。近くで工事をしたりしていることが原因の場合もありますが、改善の様子がない場合には修理が必要です。

■異臭がする場合

透明でも、これまで嗅いだことがない異臭がする場合もあります。異臭がするのは、なにか溶け込んでいるからです。塩素の臭いがする場合、いつもよりきついと感じるのは、リフォーム後などにみられる状況です。配管が新しいときなどは、臭いがきついと感じる場合があります。時間とともに改善されますが、しばらくは加熱処理してから飲むといいでしょう。
他の異臭の場合には、配管の劣化が原因のケースが考えられます。修理交換も必要な場合があるため、専門業者に点検してもらうことが必要です。

■まとめ
異物が混ざっていたり異臭がする場合には、しばらく流してみて改善するかどうかを判断します。一時的なものか、継続するのかによって対応が変わるからです。毎日使う水は生活に欠かせませんので、流してみても改善しないときには、点検から始めて、早めに何が起きているのか確認することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ