水道が出にくくなったり固着したりしたときの修理

水道の中でも大切なのが蛇口です。生活の中で蛇口をひねれば水が出ます。当たり前のように思えますが、機能をしっかりと発揮しているため、あふれたり飛び散ったりせず水が使えます。水道のトラブルとして、水の出が悪くなる場合や水漏れするときがあり、経年劣化によっていずれ修理が必要なタイミングがくることも忘れてはいけません。

■水道が出にくくなる

水道のトラブルとして多い蛇口は、時間とともに劣化します。水漏れする場合も出てきますが、単純に水が出にくいというyトラブルも発生する場所です。
水が出にくい原因になるのは、フィルターの目詰まりがあげられます。ゴミや汚れを除去してしまえば元に戻るため、ワイヤーブラシなどで掃除するだけでも修理ができます。蛇口の内部になるため、簡単に分解できない場合には水道 修理を専門とする業者に依頼して分解してもらう方が確実です。

■固着して動かなくなった場合

水道 修理をしようとしたら、蛇口が固着して回らない場合もあります。自分で直せると思ったら、止水栓も回らない状態になると、水を止めることもできません。元栓を閉めれば済みますが、修理するまで他の水回りも使えなくなります。
固着の原因は、錆や水に含まれている石質が蓄積した結果です。止水栓は、そうそう動かさないため、蓄積しやすい場所で、固着すれば簡単には動きません。無理に回そうとすると、破損する場合も出てきます。止水栓に使われている部品は、うまく回さなければねじ山なども破損することがあるので、この場合には、水道修理業者に依頼した方が安全でしょう。

■まとめ
水を使っていれば、目詰まりや固着の問題が起きます。止水栓だけではなく、蛇口自体が固着して動きにくい場合には、他の部品の劣化も考えられる状況です。本体ごと交換する選択も出てきますので、専門業者に修理を依頼するとともに相談してみるのもいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ