使い方や頻度で変わる水道の修理

家庭の中にはさまざまな設備がありますが、生活に欠かせないのが水回りです。水がなければ生活できない状況になるため、早急に水道修理を考える必要があります。使い方次第で寿命も変わりますが、耐用年数も考えて交換も視野に入れておきましょう。

■耐用年数は約10年.

水量をコントロールするために、水道には蛇口がつけられます。いろいろな形状がありますが、経年劣化によりやがて壊れるものです。パッキンは、水の流れを止めるときに使われますが、劣化すれば隙間が生じ水が漏れてきます。使用頻度によっても異なりますが、パッキンを交換しても直らない場合は問題です。
蛇口は耐用年数が、使いはじめてから約10年と考えられています。10年程度使ってきた場合には、部品の交換だけではなく、本体ごと交換することも選択肢に入れるといいでしょう。部品の交換が多くなるのであれば、本体を交換する方が効率的です。

■締めすぎは逆効果

蛇口は回して締めて使うものです。複雑な構造になっても、水を調節するという機能は変わりません。締める場合には、あまり力を入れると、蛇口にかかる負担を増やします。負担が高くなれば、その分だけ傷みが出て部品が劣化するため、必要以上に強く締めるべきではありません。
いくら締めても閉まりきらない場合や、わずかな漏れを生じているときには、締めることができない状況になっているので、専門業者に相談して対応を考えるべきです。
わずかな漏れでも、使わない水を流している状況なので、その分水道代がかかります。積み重なるとかなりの負担になることも予想されるため、できるだけ早く修理をして正常に使える状態にしましょう。

■まとめ
水道の劣化は使い方でも変わります。日常的に使うキッチンやトイレは、使用頻度が高く劣化も早いのが基本です。使わなければ劣化はしませんが、固着するリスクが高まります。設備としてしっかり使えるように、日頃からの点検が大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ